2021年05月のことば

たった一度の人生を 自分で汚すような ばかにはなるまい

2021.05.jpg
 WHO、WTO、IAEA、WFP等々国連に関わる機関の呼び方は英語の頭文字をとってほぼアルファベットで表記されています。世界保健機関(WHO)World Health Organizationは、昨今のコロナウィルスの感染でよく目にします。因みにWTOは世界貿易機構、IAEAは国際原子力機関、日本の外交官だった天野さんが事務局長を務めていたことでも知られています。WFPは世界食糧計画です。色々アルファベット表記の機関がありますが、先日OECDが発表したデータが興味深かった。OECDとは、経済協力開発機構(Organisation for Economic Co-operation and Development)で、37カ国が加盟しており、加盟各国それぞれの2019年の平均年収を発表していました。日本は25番目に年収が高い国。逆に言えば下から13番目。お隣韓国は日本よりも平均年収が多かったそうです。日本は先進7カ国と言われる国の中では最下位だそうです。日本に住んでいると、日本って世界の中では裕福な国だなと感じていたかもしれませんが現実はそんなことはないようです。2000年と比べても年収はほぼ一緒なんだそうです。お金があれば幸せかと言えばそうではありません。しかし、お金は無いよりは有ったほうが便利です。無いよりは有ったほうがいいと思うのは人情でしょう。先日ニュースを見ていると、タクシーの運転手さんが後部座席で仮眠をしてる隙に売上金を盗んで捕まったというニュースが流れていました。犯行の理由は四日も何を食べておらず空腹に負けて盗んでしまったと言う。毎日のように還付金詐欺や給付金詐欺。お金を騙し取る話ばかり。働き盛りの若者が、高齢者をターゲットに詐欺を働き捕まる現代。お金欲しさに犯罪を犯す。人のものを取ってはいけませんと言う事は、子どもの頃から教わって来たことです。しかしそのルールは現代には通用しないのか。最近の大人の子どもに対する叱り方を見ていて気になる事があります。「〇〇ちゃん、そんな事をしたらお母さん怒るよ」「〇〇ちゃん、ほらあのおじさんに怒られるよ」とか耳にしませんか。これは、他の人に怒られるからしてはいけませんよと解釈できますね。これは子どもとってみると、見られていなければ大丈夫と勘違いしてしまわないでしょうか。本当は「〇〇ちゃん、△△だからそれをしてはいけないよね」してはいけない事だという事をしっかりと理解させなければいけないのにそれがなかなか出来ていないのではないでしょうか。周りに怒られるからダメではなく、ひとに危害を与えることはいけないことだからしてはダメだよねと。犯罪を犯して逮捕されて、刑務所に入るとします。刑務所に入るような事だからしてはいけないのではなく、他人に危害を及ぼす行為だからいけないのであって、刑務所に入る事になるからいけないという事ではありません。今月の法語も、自分で自分の行動に責任を取ることで、自分自身を汚すような行為はしていけないんだと理解できます。罪さえ償えば、刑期を終えれば過去の行為は精算済み再スタート!他人に対しての見方としてはそれでもいいでしょう。しかし、わたし自身は「たった一度の人生を自分で汚すようなバカにはなるまい」と仏さまの教えを聴く中で、自分の行動には自分で責任を取るという人生を歩ませてもらいたいと思っています。   なんまんだぶ
今月のことばについて

「今月のことば」の挿絵とタイトルは、株式会社探究社および株式会社法蔵館で発行している
「ほのぼのカレンダー」から引用させていただいております。

≪ 前月のことば |  HOME

ホームへ
寺の概要
今月のことば
ブログ ブツブツ相念
お問合わせ・連絡

アーカイブ

年・月別アーカイブ